ワックス脱毛について

ワックス脱毛について
ワックスを脱毛したいムダ毛部分に塗り、ワックス剤が固まるまでしばらく時間を置きます。
その上に専用のシートを密着させて貼り、毛の流れに逆らって一気に剥がします。
これにより根元からムダ毛を引き抜くことができるわけです。
脱毛後は約2週間から4週間ほどの効果が持続します。
使用されるワックスには、水性ワックスと油性ワックスの2種類があります。
水性ワックスは、砂糖やはちみつがベースとなっており、肌にやさしいワックス剤とされています。
肌に残ったワックスも簡単に水で洗い流すことができるので、初心者や肌が敏感な方にも向いています。
一方の油性ワックスは、油で溶ける成分である、主にロジン(松ヤニ)やみつろうを成分として使用されています。
松ヤニにアレルギー反応を起こす方もいますが、最近は松ヤニに似た化学成分を使用した油性ワックスも出ています。
水性ワックスに比べると、油性ワックスの方が毛を絡め取る力は強力です。
しかし、使用方法が難しかったり、衣服などに付着した際には取れにくく、肌への負担も大きいのでエステなど脱毛サロンでの使用がおすすめです。
肌にもやさしく使用法も簡単な水溶ワックスは、自宅で自己処理したい方に向いています。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛はエステや専用サロンでも実地しているところは多いです。
エステサロンでワックス脱毛の施術を行ったとしても、他の脱毛方法よりはかなり格安な価格で処理できるので、費用が安く済むというのは大きな魅力でもあります。
サロンには行きなくない、という自己処理派向けに、今では家庭用のワックスも比較的安価で、しかもその種類も多く販売されています。
ワックス脱毛したことがある方なら、その処理後の肌がツルツルだと感じた経験あるのではないでしょうか。
ワックス脱毛のその方法は、ムダ毛以外にも皮膚の古い角質を一緒に剥がすことができるのです。
脱毛しながら角質処理もできるなんて、女性にとっては嬉しい限りです。
毛抜きでの処理などと違い、ワックス脱毛は毛根から毛を抜き取ることができるため、発毛の際のあの嫌なチクチクした感じもありません。
そういったことから永久脱毛まではしなくてもいいと言う方には、自宅で空いた時間にお手軽に安価で処理できるワックス脱毛は、継続しやすい脱毛方法でもあるのです。

ワックス脱毛のデメリット

お手軽に安価でできる脱毛方法ではありますが、それは、毛が生えるシステム自体を破壊しているわけではありません。
ですから、毛周期に応じて毛は再び生えてくるのです。
そのため定期的な脱毛処理は必要となってきます。
カミソリや電動シェーバーから比べると効果は長持ちしますが、それも2〜4週間もすればまたムダ毛は生えてきます。
しかも、ワックスをムダ毛に密着させて引き抜く方法のために、脱毛時にはある程度の毛の長さが必要とされます。
最低でも5ミリ以上は、毛を延ばしておかなければいけないのです。
ですから常にムダ毛が無い状態を保ちたいという方には、不向きな脱毛方法であると言えるでしょう。
シートを一気に剥がして根元から脱毛する方法は、肌へのダメージも小さいとは言えません。
処理後の保湿など肌のお手入れは必要ですので、敏感な肌質の方には向かないかもしれません。

立川のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*