産後の電動シェーバーによるムダ毛処理について

産後のムダ毛処理について

産後の女性
妊娠中に胎児の体に女性ホルモンが行き渡るので、産後は女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなります。

そのため、ホルモンバランスの乱れにより肌が敏感となり、乾燥しやすい状態にもなります。

なので、産後に誤った自己処理を肌に施すと肌や毛穴を傷つけるだけでなく、ニキビや黒ずみといった肌のトラブルを招く原因となります。

肌を保湿して電動シェーバーによって自己処理

産後は電動シェーバーによって自己処理を施すことで、肌や毛穴に傷がつくのを防ぎやすくなります。

なぜなら、電動シェーバーの刃は剃刀の刃と違って刃が直接肌に触れないので、産後の肌が敏感な状態でも剃刀負けや深剃りするリスクが減るからです。

ただし、電動シェーバーを使う際は肌を保湿してムダ毛を柔らかくして行わないと、肌に余計な刺激を与えることになります。

他にも、電動シェーバーの刃も剃刀の刃と同じように、欠けている状態だとムダ毛を綺麗に処理できないだけでなく肌を傷つける可能性が高まります。

また、刃が汚れていると肌のトラブルが起こる可能性が高まるので、電動シェーバーを使う前に刃の状態を確認するのが重要となります。

なので、産後に電動シェーバーを使うならば、肌を傷つけないように頻繁に刃を変えてムダ毛処理を行うことが大切です。

けれども、産後において電動シェーバーによるムダ毛処理は、肌に与える負担を抑える自己処理として最適となります。

なぜなら、刃の衛生面の管理と剃る前と剃った後に肌の保湿を欠かさず行うことで、肌を傷つけることなくムダ毛処理することが可能となるからです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*