自己処理でできる黒いぶつぶつ対策

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
自己処理で脱毛した後に皮膚に見える黒いぶつぶつは女性なら誰しも気になるところです。
この黒いぶつぶつは埋没毛といって皮膚の下に埋まったままで成長してしまった毛が原因なのです。

短い毛が皮膚の上から黒く見えているものや延びて長くなった毛が丸まっているものなど様々な形状がありますが、

この埋没毛はどんどん成長をつづけ黒ずみや炎症など肌のトラブルのもとになってしまう事があるのです。

埋没毛が出来る原因

夏場など肌の露出が多い時期にはどうしても短い間隔で自己処理をしてしまいがちです。
カミソリなどで同じ場所を何度も剃ったり、逆剃りをしたり、毛ぬきを使用したりすると肌を傷つけることに繋がり、

埋没毛への危険を増やしてしまうのです。
自己処理中にちぎれたりして毛穴の中に残ってしまった毛が、詰まってしまった毛穴から出ることが出来ずにどんどん成長してくると

皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。
自然に抜け落ちる事もありますが、放っておくと毛嚢炎などの皮膚病にかかたり、色素沈着を起こしたりすりこともあるので
適切な処置と埋没毛が出来ないように予防することが大事です。

埋没毛の予防

肌に直接刃が当たらない電気シェーバーを使う、使い捨てカミソリの場合は肌を傷つけないように定期的に変える、毛抜きは出来るだけ使わない、自己処理の後はしっかりと冷却や保湿するように心がける
以上の事に気を付けるだけで埋没毛の出来る危険性はかなり下がります。

また自己処理の頻度を減らすためにサロンなどで脱毛処理してもらうこともおススメです。
出来てしまった埋没毛に関しては、下手に触らずにジェルやクリームで肌の角質を除去したりするのがよいでしょう。

また、その間もムダ毛処理は必要になってくるのでしょうが、出来るだけ毛穴や皮膚を傷つけないようにしましょう。

処理する前に蒸しタオルなどで肌を温めて毛穴が開いた状態で処理し、処理後はしっかり冷却と保湿に気を遣うようにすれば

埋没毛のリスクも少なくなるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*